日本とアメリカ

日本とアメリカ

アメリカは、サプリメントに関して発達した国といえるでしょう。日本ではサプリメントという区分はなく、法律上ふわふわとした存在になっていますが、アメリカでは、しっかりとサプリメントが定義されています。サプリメントは栄養補助食品と規定され、効果のある症状を明記することができます。日本のサプリメントは、効果のある症状を明記することはできません(明記されていた場合は、薬品扱いになってしまいます)。それは、日本ではサプリメントの規定がなく、口に入れるものは食品と薬品の分類しかないからなのです。そのため、アメリカのサプリメントと比べると、日本のサプリメントは説明が不十分で、用途に合わせた利用がしにくいデメリットがあります。

さらに、アメリカのサプリメントは、法律の決まりで、効果が実証された科学的データを提供する必要があります。ということは、栄養補助としてしっかりと認められたものしか市場に出回らないということになります。そのため、サプリメント自体の品質の水準も、アメリカの方が高いといえるでしょう。日本では、効果が実証されていないサプリメントも多くあるでしょうから、そういう製品を選ばないように気をつけなければなりませんね。

    Copyright(C) 正しく選ぶサプリメント All Rights Reserved.